墓石の耐久年数100~200年

墓石の秘密解明のmain画像
墓石の耐久年数は100~200年と言われますが、実は墓石は作られてから30年ほど経過すると徐々に劣化し始めます。

墓石の耐久年数100~200年

既にお墓を持っている人にとって気になるのが、墓石の耐久年数。

墓石の耐久年数は一般的には100~200年と言われます。

ただし、それはあくまで使用している石材の耐久年数であって、墓石としての耐久年数を指すわけではないということを注意しておかなければいけません。

石材だけだと、100~200年と言わず、半永久的に存在することが可能です。

しかし、墓石として加工されると、おおよそで30年ほど経過した時点で劣化が見え始めてきます。

しかし、墓石の劣化は墓石が作られた時代にもよります。

たとえば、第二次世界大戦後などの人材不足・金品不足の時代に作られた墓石は、劣化しやすいとも言われています。

数百年前に作られた墓石であっても、質の良い石材を使用していたり、腕の良い職人が加工したものであれば、現在でもほとんど劣化することなく存在している場合もあります。

最近の墓石の加工技術は非常に優れているため、地震などの影響がなければ大きく劣化することはないと言われていますが、日々、太陽の光や雨、嵐に晒されていると、気づかないうちに徐々に劣化していくものです。

劣化が見え始めるのが30年だとすると、自分の代で一度は修理をする必要があります。

墓石を修理していつも綺麗に保つことはご先祖様を大事にすることにもなります。

自分がお墓に入って後の世代が受け継いだときも美しい墓石を保つことができるよう、あなたの代で一度修理をしておきましょう。

劣化が激しい、と言う事でしたらお墓を建て直した方がいいでしょう。

そんなにお金は払えない、と心配するかもしれませんがお墓まごころ価格.comでしたら60万、80万、120万円の3つの価格から選ぶ事が出来ます。

デザインも色々ありますので見た目も納得のゆくお墓が建てられると思いますよ。

このエントリーをはてなブックマークに追加